仏具処分の方法別の費用を説明します

お経

仏壇処分には、四つの処分方法があります。まずは、お世話になっているお寺に頼むことです。この場合は、開眼とともに閉眼供養も行える利点がありますが、お寺の予定がはっきりしないという問題点があります。処分の費用は、10万円以内です。次に、仏具を販売しているお店に頼むことです。この時は、手続きを店で行ってくれますし、処分の予定も決めやすいです。引き取ってもらい新しい仏壇を値引きしてくれます。この場合は、新規購入しないときは頼みづらいところがあります。処分費用は3万円以内です。さらに、自治体のゴミ処理を活用して出すやり方です。数千円で、処理することができます。受け入れ自体をしていない自治体があるところが難点です。最後に、専門の業者へ頼む方法です。全部依頼することができ、日にちも指定することができます。しかし、行ってくれる業者を探したり処理費用が高かったりするところが問題です。

仏具処分のためには閉眼供養が大切です

仏前

仏壇処分において真っ先にしなければならないことは、開眼の供養をすることです。宗教によっては、この魂入れを行っていないものもあるので、確認することが大切です。浄土真宗は、開眼供養をしない宗教です。魂が入ったままの仏具を供養しないで処分してしまうことはいけません。そこで、まず日頃お経をお願いしている菩提寺に電話をかけて、魂抜きの供養をしていただくことです。この手続きをふむことで仏壇から魂を抜き、重みをなくした単なる道具に変化させて処分の段階に入ることができます。遺影については、仏壇と違って面積が大きいわけではないので、そのまま飾っておくのがよいです。処分する時は必ず供養しお炊き上げにします。まずは、魂の正しい扱いをすることが先決です。

仏具処理の方法を整理します

お経

仏壇処分の種類は、4種類あり、様々にメリットとデメリットがあります。処理費用の最高額は、10万円程度で、お寺や業者を利用する場合です。自治体に粗大ゴミとして出すのが最も安価です。処分の時に一番気をつけなければならないのは、仏壇に入れた魂を供養して抜くことです。菩提寺に頼んで、閉眼の供養を行う必要があります。この供養をしないで処分するのは、魂を入れたままを処分することとなり、大変良くないことです。専門業者へ頼むと、魂を抜いた証拠となる供養証明書なるものを出してくれることもあります。さらに、仏壇にある引き出しの中身確認は忘れやすいので注意が必要です。仏事については、お寺さんに聞くのが一番正確です。最後に処分方法としてもう一つ説明します。それは、仏壇が金仏壇で価値が高いときです。その場合には、専門業者によって高額で買取をしてくれる場合もあります。

広告募集中